2018年06月28日

【メモ】WPS Writerで文字列先頭の大文字化を防ぐ

左上の「WPS Writer」設定から「編集」→「オートコレクト」にある「文章の先頭文字を大文字にする」のチェックを外します。

wps.jpg
posted by おおみち礼治 at 15:13 | Comment(0) | IT・テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

【IT】Youtubeから動画(音声)をダウンロードしてmp3に変換

 みなさん、YoutubeからのダウンロードとiTunesへの登録、どうやっていますか?

 以前は、Offlibertyでダウンロードして、iTunesで「ファイル > ファイルをライブラリに追加」でよかったんですが、現在、Offlibertyでダウンロードするとm4aになります。mp3に変換するのにいろいろ無料のオンラインツールを使ってみましたが、怪しかったり、うまくいかなかったりで不便になってしまいました。

 そこで、Aiseesoftのフリー動画変換(音声データも変換できます)を使用して、Offlibertyでダウンロードしたm4aをmp3に変換し、iTunesに登録することにしました。

【準備】
「Aiseesoft フリー動画変換」をダウンロード。インストールします。

Aiseesoft フリー動画変換
https://www.aiseesoft.jp/free-video-converter/

8.jpg

【動画(音声)をダウンロード】
「Offliberty」にYoutubeの目的の動画(音声)のURLをペーストしてダウンロード。

Offbelity
http://offliberty.io/

0.jpg

今回は音声なので、「Audio」の下の「Rigth-click here and 'Save like as '」を右クリックして「名前を付けてリンク先を保存」します。なお、ダウンロードされるファイル名は「videdplayback.m4a」になるので、適時ファイル名を変更します。
4.jpg

【m4aをmp3に変換】
「Aiseesoft フリー動画変換」を起動します。
7.jpg

「ファイルを追加」をクリックして、変換したいm4aファイルを指定します。また、出力形式をクリックすると、ファイル形式の一覧が出てきますので、「普通のオーディオ > mp3」を選択します。ついでに「出力フォルダ」も適当なフォルダを指定しておきましょう。
9.jpg

あとは「変換」ボタンを押すだけです。

【iTunesのライブラリに登録】
iTunesを起動して、「ファイル > ファイルをライブラリに追加」を選んだら、変換したmp3を選択します。iTunesで曲を別のファイル形式に変換することもできるようですが、私はうまくいきませんでした。

iTunes で曲を別のファイル形式に変換する
https://support.apple.com/ja-jp/HT204310

10.jpg

以上ですが、同じ系統の曲をアルバムとしてまとめておきたい場合、まずはiTunesに加えられた曲を右クリックして詳細タブの「アルバムの情報」を表示し、「様々なアーティストのコンピレーションアルバム」にチェックを入れます。

同じく詳細タブのアルバムとアルバムアーティストをまとめたいアルバムと同じにします。ついでに、ディスク番号を指定しておくと曲の順番を指定できます。

12.jpg

もっと簡単な方法もあると思いますが、とりあえずこれでできました。
posted by おおみち礼治 at 19:08 | Comment(0) | IT・テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

【IT】PEARのMailでメールを送信してもらおうと思い立つ

 これまでPEARは使ったことがない。まあ、そういうレベルです。まずはPEARをサーバ(Xserver)にインストールします。以下のサイトが役に立ちます(感謝)。2017年11月現在、そのままできました。

PEARをXSERVERにインストールする方法(2014年6月版)
https://memotora.com/2014/06/30/how-to-install-pear-to-xserver/

 Mail.phpは、以下からダウンロードして、PEARをインストールしたフォルダ(/home/サーバID/ドメイン名/pear/PEAR)内にMail.phpとMailフォルダをFTPでアップします。

http://pear.php.net/package/Mail/download

 smtp.phpでNet/SMTP.phpがないというエラーが出ます。Net_SMTPをダウンロードして、上記Mailフォルダ内にNetフォルダを作成し、SMTP.phpをアップ。

http://pear.php.net/package/Net_SMTP/download

 今度はSMTP.phpでSocket.phpがないというエラーが出るのでNet_Socketをダウンロード。SMTP.phpの40行目に require_once 'Net/Socket.php'; とあるのでNet/を削り、SMTP.phpをアップした上記Netフォルダにアップ。

http://pear.php.net/package/Net_Socket/download

 実際の使い方は以下のサイトを参照いたしました(感謝)。

PHPのPEAR Mailを使用してSMTP経由でメール送信
http://pb-times.jp/P_52cf7b4dbaf8a

 サンプルコードを少しいじってみました。


メール送信クラス

class Pear_mail {

public function send_mailer($mail_from,$subject,$body) {
require_once('Mail.php');
mb_internal_encoding("UTF-8");
mb_language('ja');

// ホスト名(SMTPサーバ名)
$host = "svxxxx.xserver.jp";
// 受信する(自分の)メールアドレス
$mail_to = "info@hoge.com";
// メールアドレスのパスワード
$mail_pass = "password";

$params = array(
'host' => $host,
'port' => "587", // SMTPポート番号
'auth' => true,
'username' => $mail_to,
'password' => $mail_pass
);
$mailObject = Mail::factory("smtp", $params);

$body = mb_convert_kana($body, "KV", "UTF-8");
$body = mb_convert_encoding($body, "ISO-2022-JP", "UTF-8");

$headers = array(
'From' => $mail_from,
'To' => $mail_to,
'Subject' => mb_encode_mimeheader($subject,'ISO-2022-JP')
);

$mailObject -> send($mail_to, $headers, $body);
}
}

送信処理

$mail_from = "hoge@abc.com"; // 送信元アドレス
$subject = "件名";
$body = "内容";

$sendmail = new Pear_mail();
$sendmail->send_mailer($mail_from, $subject, $body);

変更点
  • 自分のメールアドレスに送信するように変更。
  • 参考にしたサンプルではMail.phpの在処を絶対パスで指定してありますがPEARをアップしたときにパスを通してあるのでMail.phpファイルを指定すればOK。
  • Xserverの場合、ホストは sv***.xserver.jp。
    https://www.xserver.ne.jp/manual/man_mail_setting.php
  • mb_internal_encoding()を一時的にISO-2022-JPにしていましたが必要ないかな。
  • mb_encode_mimeheader(mb_convert_encoding($subject, "ISO-2022-JP", "UTF-8"),"ISO-2022-JP","B","\r\n");としていましたが誤りらしい。
    mb_encode_mimeheader()の文字化けについて
    https://wiki.rookie-inc.com/development/language/php/tips/mb_encode_mimeheader
  • Xserverでは、params配列のportは587、authはtrue、usernameは受信者のメアド、passwordはメアドのパスワード。sendmail_argは不要。
  • mb_internal_encodingとmb_languageを指定して文字化けを防止。また、半角カナが文字化けするのでmb_convert_kanaで全角に変換。

タグ:PEAR Mail PHP
posted by おおみち礼治 at 21:29 | Comment(0) | IT・テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする